聴覚障害者災害時支援システム
聴覚障害者の災害時支援システムとして開発された本システムは、緊急地震情報〜各種インフォメーション、時間表示等の様々な、表示情報を、携帯電話のBluetooth通信機能やW-LAN等の無線通信を始めとしたインターネット環境から簡単に切り替える事ができます。
17
JANUARY
2011

    平成22千代田区帰宅困難者避難訓練でKDDIブースで当社表示器によるデモンストレーションを実施しました。
    千代田区主催の帰宅困難者避難訓練が2011/01/17 千代田区秋葉原のUDX2において実施され、当社製LED表示器を災害時の活用性についてご理解して頂くため、KDDIブースに設置し、参加者の皆様にご案内させて頂きますた。
11
MARCH
2011

    医院をモデルにパンデミック時の患者対応及び事業継続対応訓練
    東日本大地震のその日、新潟県南魚沼市において上記訓練を実施し、そこに当社製LED装置が誘導補助及び情報伝達を目的として訓練に参加しました。
下記の3点を目標として実施された訓練において当社製LED表示装置を誘導及び聴覚障害者への情報伝達手段として活用した。
  • 医院内・企業内での感染症拡大防止策の検討
  • 医療行為・医院業務/企業の日常業務の軽減策の検討
  • パンデミック時の事業継続戦略の検証
下図右の様にLEDを配置し、(1)で来院車への問診票の記入案内 (3)で、診断内容の案内や、誘導補助 (2)では院内で誘導案内に利用された。 屋外においては、雪が降る悪条件ではありましたが、無停電電源装置により、災害時等電源確保の困難な状態でも間断無く情報を表示し続ける事が可能である事を確認しました。 下左は、参加証、下右は、ドライブスルーにおけるルート図で(3)で振り分け診断が行われ、要診療者は建屋内にて診療を行う。

東京都豊島区東池袋3-22-12
ヴィラロッソカバーロ603号