聴覚障害者災害時支援システム
聴覚障害者の災害時支援システムとして開発された本システムは、緊急地震情報〜各種インフォメーション、時間表示等の様々な、表示情報を、携帯電話のBluetooth通信機能やW-LAN等の無線通信を始めとしたインターネット環境から簡単に切り替える事ができます。
本システムの開発にあたって
    本装置は、財団法人テクノエイド協会の助成を受け、(株)KDDI研究所、都立広尾病院、国立病院機構災害医療センター、宇都宮大学、成蹊大学、広島市立大学が協力し、災害時の聴覚障害者や、高齢者の情報環境を改善を目的に開発したシステムを製品化したのものです。
    災害発生後の停電等の状況でも無停電電源装置の併用により一定時間機能させる事が可能で、避難誘導等の情報を携帯端末から速やかにLED表示器に表示する事ができます。 公共施設でもオフィスでも、また避難所でも聴覚障害者だけでなく、健聴者にとってもマイク等の音の情報にプラスして、目に見える繰り返し表示で情報を確認出来ます。災害時にも、皆で同じ情報を共有でき、安心な環境を作ります。 製品化においては、従来の実証システムにおいて指摘されていた点である直射光受光環境等での視認性対策としてLEDパネルのブレード装備品が選択可能となったことを始め、各種動作設定をブラウザから可能とするユーザインタフェースの追加、RSS情報の取得機能(*1)等が新たな機能として追加されました。
    また、従来からのシステムの特徴であった多くのインタフェースを実装した場合の、設定の複雑さは、ブラウザからの設定に統一され、非常に使い易くなっているのも特徴です。
  • 本製品の販売&開発元:株式会社NineS
  • LED装置製造元:株式会社アイエム電子
  • 評価協力:株式会社KDDI研究所
  • 一部利用出来ないサイト等も有ります
  • 東京都豊島区東池袋3-22-12
    ヴィラロッソカバーロ603号